2014年5月

「土鍋+高台蒸し器」春の活用法!

すっかり春めいてきました。
春野菜の登場で我が家の食卓も賑わいを見せています。
鮮やかな色の春野菜は、やっぱり、シンプルに調理して彩の美しさを楽しみたいものです。

蒸し料理 佐治陶器

3月コラムに続き第二弾!
「土鍋+高台蒸し器」の春の活用法を提案いたします!

■春冷え対策!「春の蒸料理」

この時期は、日中が暖かくても朝晩が肌寒かったりします。
特に女性は、急激な気温変化に体が対応できず、体調を崩す「春冷え」に注意です。
体温調整が上手くできないと、自律神経も乱れがちになり、情緒不安定になったりもします。
カラダがゆっくり気温の変化に慣れていくよう、急激に冷やさないよう、まだまだ温かい食事を意識したいものです。

春の蒸し料理<筍とえんどう>
佐治陶器:高台蒸し器<佐治陶器:高台蒸し器>

そこで、おすすめしたいのが、蒸し料理!
「土鍋+高台蒸し器」は、春夏もまだまだ活躍しますよ!

ポカポカとカラダに優しい蒸し料理は、この季節にぴったり。
蒸し料理なら、春野菜の旨味も彩も存分に楽しむことができます。
そして、何より、手軽なんです。

■蒸料理でヘルシーランチ

土鍋を囲んで、ママ友と春のヘルシーランチはいかが?
蒸したてお野菜や魚介類をディップで食べながら、おしゃべり♪
お酒も合いますよ(^^)

春の蒸し料理<春キャベツとあさり>
春の蒸し料理春の蒸し料理左<かぼちゃ> 右<豚肉とレンコン>

最近流行のイタリアの野菜料理「バーニャ・カウダ」風で。
バーニャ・カウダソースを土鍋で温めながら、熱々のソースでいただく!
絶品です♪

春の蒸し料理<えび>

土鍋を囲んで、温めながら食べるのは、やっぱり豪華ですね~。
やっぱり、食卓に土鍋が登場すると見栄えがいいものです。
「さわやか蒸し料理」なら、これからの春夏も活用できそうですね!!

■乾燥生姜「ウルトラ蒸し生姜」作り!

さて、生のショウガには「ジンゲロール」という体を冷やす効果がある成分が多く含まれているってご存知でしょうか?
生姜は体を温めるものだとばかり思っていましたが、生の生姜に多く含まれる「ジンゲロール」は、体の深部から熱を末梢に送り出し、その際に一時的に体が温まったと感じるだけで、後は体が冷やされるんだそうです。
NHKの番組で知った時はちょっと衝撃でした。

蒸しショウガ

しかし!
生の生姜を蒸して乾燥させることで、体を冷やす「ジンゲロール」という成分の一部が、「ショウガオール」という別の成分に変化するとのこと。
ショウガオールは、胃壁に直接刺激して血流を高め、体の深部の熱を作り出すので、

体の末梢に熱を送り出す「ジンゲロール」+血流を高め体の深部の熱を作り出す「ショウガオール」

のダブル効果で全身が温まるというわけ!!!
・・・という事で、土鍋と高台蒸し器を使って「ウルトラ蒸し生姜」作りに挑戦です!

①生姜は、筋に沿って薄くスライスします!
蒸しショウガ

②30分程蒸すので、土鍋にお水はたっぷり入れます。
この「土鍋蒸し高台」は、足が長いので、お水がたっぷりはれて、空焚きの心配無用!
蒸しショウガ

③スライス生姜を並べて蓋をして、本来ならコトコト30分蒸すところですが、、、
土鍋は余熱も使えるので、15~20分蒸したら火を止めて放置。
15分程予熱で蒸したら、出来上がり!
蒸しショウガ蒸しショウガ

④少し生姜が黒ずんでいたらOK!
蒸しショウガ

⑤キッチンペーパー等で水けを取って天日で干します。
蒸しショウガ蒸しショウガ

⑥よく晴れた日なら、1日乾燥させて出来上がり!
但し、しっかり乾燥させないとカビるので、こまめに作ってしっかり乾燥させるのがお勧めです!
乾燥ショウガ

この乾燥生姜「ウルトラ蒸し生姜」は、このまま調理に使ってもいいですが、包丁やフードプロセッサー等で細かく粉砕すると使いやすいです。
紅茶に入れたり、ハンバーグや煮物に入れたり、、、、取り入れ方はいろいろ。

<牛肉しぐれ煮>

包丁で乾燥生姜を細かく切って、牛肉のしぐれ煮に使ってみました。
いつもより、風味がパワーアップした感じで、生姜の存在感があって美味しいです!!!
ぜひ、お試しください。

夏の冷えに悩まされる方やダイエットしたい方などにも
このウルトラ蒸し生姜は効果が期待できそうですね!

佐治陶器 高台蒸し器

高台蒸し器は、3サイズあります。
お持ちの土鍋に合った高台蒸し器をお選び下さい。
商品につきましては、佐治陶器へお問合せ下さい

Back Number

過去のシーン

2014/
1月/2月/3月/4月/5月
2013/
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

2012/
8月/9月/10月/11月/12月