2014年12月

IHでそのまま土鍋が使用

■これからは土鍋が主役!

12月は1年で一番キラキラした月、ただ一番あわただしい月でもあります。

こんな時期の主婦のお助けはやっぱり「お鍋」ですね。

先月に続きIH土鍋、ご紹介させていただきます。


よせなべ

■土鍋でチーズケーキ!

■泡立てのいらないチーズケーキ。土鍋を使って湯せんで作れます。

★材料 ( 直径15㎝の型1台分)

クリームチーズ 100g
砂糖 40g
卵 1コ
生クリーム 80g
ラム酒 小2
レモン汁 大1
薄力粉 大2




★作り方
・クリームチーズは室温に戻しておきます。
・これに砂糖を加え、よく練ってなめらかにし ます。
・溶きほぐした卵、生クリーム、ラム酒、レモ ン汁、ふるった粉を加えて混ぜます。
・これをペーパーを敷いた型に流し入れ、すの こを敷いた土鍋に入れます。
型の半分ほど湯を張って、強火にし沸騰し たら弱火にしてフタをし、50分加熱。
竹串をさして生地がつかなければ出来上が り。
あら熱をとって、型から外します。

■土鍋でカンパーニュ!


土鍋でご飯を炊く…昨今のトレンドですね。

土鍋でご飯が炊けるなら、パンも焼きましょう…という安易な発想から、焼いてしまいました!

ただこのIH土鍋 直接直火だと底が焦げ安いので、パン生地ごと土鍋で発酵させたらフタをしてオーブンに入れました。
いわゆる石窯焼きパンの焼き上がりデス。。。、 遠赤外線効果で外は香ばしく内はもちっと。


クリスマスやお正月に、土鍋からパン・ド・カンパーニュなんてサプライズはどうでしょう!?

★[材料] 土鍋1台分

強力粉 500g
砂糖 大3
イースト 大さじ1
塩 小さじ1と1/2
油脂 大さじ3
仕込み水 330g
好みで、雑穀やクルミを入れて

★作り方 

・ホームベーカリー等でこねた生地を 40分発酵させます。 ・6個に分割し、丸めて20分休ませま す。 ・丸め直して土鍋に入れ30分ほど発酵 (オーブンの発酵機能を使いましょう) ・蓋をし、210度のオーブンで30分、 しっかり焼きます。 ・蓋を取り、あと5分追加で焼きます。 (非常に熱いので気を付けましょう)



パンパン

■蒸しりんご

土鍋でじんわり火を通すことでりんごの甘みアップします。
アイスクリームを添えてどーぞ!

ぐらたん

★[材料]2~3人分

りんご 5個
バター 大さじ5
砂糖 大さじ5
シナモン 大さじ1

★作り方

 ・りんごは洗って芯をくりぬきます。 (底は残しておきます)
・土鍋の底に1/2カップの水を入れ、落し蓋 を敷き安定させアルミ箔で2/3程包んだ りんごを並べます。
・バター、砂糖、シナモンを合わせたものを芯 のところに詰めたらフタをし、加熱。
中弱火で30分。好みの硬さで調節してく ださい。

 

■りんごのコンフィ(ジャム)

ポーク

土鍋は火のとおりが均一で本当に美味しくできますね。

で、この土鍋ならりんご5個(正味1キロ)、たっぷり作れます!

★[材料]

りんご 5個
砂糖 250g
レモン汁 大さじ2

★作り方    
・りんごは下処理してスライスし土鍋に入れ ます。
・砂糖を振り入れ30分置いたら レモン汁を加えて強火で加熱。
・沸騰したら中火にし、時々混ぜながら煮てい きます。
・10分くらいでコンポートに・・・。 ・20分でコンフィ(ジャム)の出来上がりで す。
・余熱で冷めるまでそのままで、つやつやに。

 

■花豆(煮豆)

大豆をはじめ豆類の効用が見直されています。
あっさり煮たらサラダやスイーツにもおススメです。
底の広いゆったりした土鍋は豆を煮汁に浸しておくのにもちょうどいい加減でした。
お正月の黒豆もこの土鍋に決まりです!

★[材料]

花豆 300g
砂糖 200g
塩小さじ 1/2

ひだり

★作り方 
・豆は洗ってたっぷりの水に1晩浸しておき ます。
・翌日つけ汁ごと加熱し、煮立ったら煮汁を捨 てます。
・再び新しい水で静かに豆が踊らないように 煮ます。
・これを3回繰り返します。
・豆が柔らかくなったら砂糖を2~3回に分 けて加え、塩も入れて火を止めます。
・フタをしてそのまま1晩味を含ませます。


ぷり

その他、アレンジして様々なお料理が楽しめます。
ぜひ、IHでの土鍋調理をお楽しみください!




●「IH土鍋」はネットで購入できます → 【佐治陶器/萬古焼】


商品につきましては、佐治陶器へお問合せ下さい

Back Number

過去のシーン

2014/
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月
2013/
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
2012/
8月/9月/10月/11月/12月