2017年2月

バレンタインの準備を考えるとワクワクしますね。

最近のバレンタインは、流れが変わり、「友チョコ作りに大忙し」という声をよく聞きます。
高級ブランドチョコは、自分チョコとして手に入れるそう。

もちろん、大好きな人へのチョコレートは、手作りで。
大事な家族へのチョコも、心のこもった特別なものに。

甘いイベント「バレンタイン」。
家庭で手作りスイーツを楽しみましょう!

まずは、クッキングボックスを使ったシフォンケーキ。
こんな素敵なシフォンケーキが、耐熱鍋で焼けるのです!

シフォンケーキ

【オーブンで焼くシフォンケーキ】
薄力粉 70g
ベーキングパウダー 3g
砂糖 60g
卵 3個
サラダ油 45g
水 50g
ココアパウダー 大さじ1 。

①薄力粉とベーキングパウダー、ココアを混ぜ合わせておきます。

②卵は、卵黄と卵白に分けます。卵黄に砂糖の分量の半分(30g)を加え、混ぜ合わせ、油と水も加えて混ぜます。更に、①を加えて混ぜ合わせます。

③卵白は、ひとつまみの塩を入れ、少し泡立ってきたら、残りの砂糖を加え、しっかりと角が立つまで泡立てます。

④②に③を2~3回に分けて混ぜ合わせて、クッキングボックスに入れます。 ※底にクッキングシートを敷くと型から外しやすい。

⑤180度に熱したオーブンで30分焼いて出来上がり。

土鍋で焼いた生地は、しっとりとして質感が全く違います!

シフォンケーキ

 

 

次は、モンキーブレッド。
フルーツやアイスもデコして、冬アイスバージョン。

モンキーブレッド

【モンキーブレッド】
★パン生地
・強力粉 250g
・薄力粉 50g
・砂糖 30g
・塩 3g
・卵 1個
・バター20g
・牛乳120ml
・ドライイースト 5g

★シロップ
・バター 50g
・黒砂糖(なければ普通の砂糖でもOK) 50g
・水 小さじ2

①クッキングボックスの高さにカットした牛乳パックにアルミホイルを巻いて中央に置いて型の準備をします。

②シロップを作ります。 鍋にシロップの材料を入れて煮立ってきたらすぐに火をとめ、冷ましておきます。

③ホームベーカリーにパン生地の材料を全て投入にし、1次発酵まで行います。もちろん手捏ねでもOK 1次発酵まで終えた生地は、ガス抜きをして、16等分に分割して、丸めます。

④③の丸めた生地を①のシロップにくぐらせ、クッキングボックスの牛乳パックの周りに並べ入れます。シロップが残ったら、回し掛けてもOK!

⑤発酵器か温かい場所で2次発酵します。生地が約2倍の大きさになればOK。 180度に予熱したオーブンで25分焼きます。

⑥あら不思議、牛乳パック型が軽いので、底はつながって器型になりました!

⑦型から外し、中央にフルーツやアイスクリームなどパフェ風に盛って出来上がり!

この形にパンが焼けると、野菜やフルーツなど、盛り方で楽しくアレンジできますね。
 

 

 

見た目も楽しい焼き菓子!

クッキングボックスで、みんなで取り分けも楽しいスイーツ作りを。
例えば、オレオクッキーをざくざく混ぜて焼いた「オレオマフィン」。

オレオマフィン 

オレオマフィン 

手軽に作れる、パンプディングで朝食にも。




あま~いバレンタインを、クッキングボックスでお楽しみください!



このIH対応のごはん鍋は、佐治陶器までお問合せ下さい。

ページのトップへ戻る